過去の記事一覧

  1. エンバーミング

    ご遺体の変化

     夏場、暑い時のお葬式は大変です。とくに一昔前は、ご遺体をあまり長く置くことは出来ませんでした。1976年(昭和51年)以前、自宅でお亡くなりになることが普…

  2. エンバーミング

    エンバーミングとは?

    ご遺体を衛生的に保全するためにはエンバーミングという処置が欠かせません。エンバーミングとは、エンバーマー(Embalmer)と呼ばれるライセンスを持った技術…

  3. お別れのスタイル

    夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日の葬儀・告別式よりも多いと云います。ここでは、通夜に来訪される人を「弔問者」と呼び、翌…

  4. いろいろ

    通夜振る舞い

    通夜の弔問者に対して、葬家は慰労の席を設けます。お淨めの席とか、その宴席の名称は地方によっても様々です。一般的には、不特定の弔問者全員に、お焼香を済ませても…

  5. お別れのスタイル

    ご遺体の安置場所は何処ですか??  

    ご遺体を自宅に搬送して安置することも少なくなりました。 多くは葬祭ホールへ運ばれることが普通で、首都圏では約70%以上が、病院から葬祭ホールへ搬送され、安置…

  6. 葬儀マナー

    友引にお葬式はしない

    暦の中の六曜はご存知ですか。 太陰太陽暦で、日の吉凶を定める基準となる六つの日のことです。先勝(せんしよう)・友引(ともびき)・先負(せんぶ)・仏滅(ぶつめ…

  7. いろいろ

    余命宣告と遺書や手紙

    もし余命宣告されたときあなたは「遺言」を書きますか? たいへん厳しい質問ですが高齢社会では、このような「覚悟」も必要です。遺言というと法…

  8. いろいろ

    孤独な死と社会の問題

     超高齢社会の特質は、単身化が著しく、単身世帯は未婚の子供との同居世帯数よりも上回りました。次には夫婦のみの世帯が多いわけですが、それもやがてはどちらかが逝…

  9. お別れのスタイル

    お葬式の場所

    葬儀場選び最近は「ホール葬」が主流です。葬儀式場、葬祭ホール、セレモニー会館等々を葬儀社が作り始めたのはだいたい30年前くらいになるでし…

  10. いろいろ

    お葬儀の喪主とはどんな役目??

     喪主は大変です。悲しみの中あわただしくも冷静に、いろいろな手順をこなしていかなければなりません。おそらく、ご逝去にも立ち会っていると思います。心の動揺…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬
  1. いろいろ

    検死解剖
  2. お別れのスタイル

    葬儀と告別式③ 告別式
  3. エンバーミング

    エンバーミングの手順と特徴
  4. エンバーミング

    エンバーミング施設
  5. いろいろ

    夜とぎと弔問
PAGE TOP