いろいろ

夜とぎと弔問

◆夜とぎ

生死の境目は今でも不確かです。一般的に社会的な死の判定は「心臓死」で行われます。心停止・自発呼吸の停止・瞳孔の散大などが決定事項です。一方で「脳死」などの判定は、素人にはできません。

過去にさかのぼれば、医学が未熟な時代においては死の決定には時間や日数をもって見届けるしかなかったように思います。

生者か死者かを決定づける最終的な決め手は、醜い話ですが肉体が朽ち果てていく過程で「不可逆的」(もう元へは戻らない)状況となって、それを誰もが納得して意識するまでは「生者」として取り扱うということです。その究極は「白骨化」です。

これは誰が見ても「死が確定した」状態です。

さて、通夜の原意はそのような慣習の中で、死者と寄り添い、時間をかけてその死を確認する行いでもあり、故人のより近くで、いわゆる夜を徹して死を見届けるということが通夜における「夜とぎ」になります。

◆弔問

弔問は主に葬家の自宅に訪問してお悔やみを述べることを指します。また多くは親しいお付き合いの中で、遺族とともに通夜に立ち会い、ともに悲しみを分かち合うことを表しています。

アカデミー流の解釈をすれば、お葬式を通夜・葬儀・告別式のカテゴリーに分けるとするならば、通夜と葬儀への参列者は「弔問者」であり、告別式への参列者を「会葬者」と考えています。

ただし、葬儀と告別式(併せてお葬式)が現状では同時進行で、通夜の翌日に施行されていることから、通夜弔問者と式会葬者と大ざっまに使い分けをしています。この観点から見ると、現代の通夜はまさに「通夜会葬者」と言ってもいいでしょう。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔 ※無断転写を禁ず

当サイト提供元:葬想空間スペースアデュー(株式会社マルキメモリアル21)

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    お葬式の三つの不安

     お葬式には大きく三つの不安があります。具体的に心配事を考えること…

  2. いろいろ

    火葬炉の鍵

     母の逝去で、あらためてその土地の葬祭慣習に接しました。葬儀が終了…

  3. いろいろ

    花より団子 (葬儀の供物)

     春のお彼岸は、旧暦では2月22~24日になります。その後、3月になる…

  4. いろいろ

    お墓の入り口

     田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いで…

  5. いろいろ

    司法解剖と行政解剖など

     遺体の解剖には、医師が遺族に求める病理解剖の他、変死などによる司法解…

  6. いろいろ

    厄年の話 2021

    「厄」を広辞苑で引いてみると?1.くるしみ。わざわい。災難。2…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬

アーカイブ

  1. いろいろ

    その人らしいお葬式とは
  2. いろいろ

    実務としての尊厳死表明
  3. いろいろ

    お墓の入り口
  4. いろいろ

    司法解剖と行政解剖など
  5. お別れのスタイル

    ご遺体の安置場所は何処ですか??  
PAGE TOP