お別れのスタイル

家族葬と一日葬

◆家族葬

これまでの伝統的なお葬式は、主に近隣や地域共同体(町会・自治会)などが世話役として施行実務を担ってこれを葬儀社に委託していましたが、いまではお葬式の個人的な施行を望む人が増えて、これを「家族葬」という名称で執り行っています。内容的には訃報の制限で会葬人数の限定や祭壇規模の縮小、それに伴う飲食などの経費の削減が図られていますが、費用の問題ではなく故人意思の反映や喪主世帯の経済状態にも要因があります。

また、訃報連絡の差別や菩提寺との疎通で、後々のトラブルもよく聞く話です。そのため 十分に事前の根回しなどもしておくことが必要です。

最近では「葬儀」(ご遺体と宗教的対応)を家族葬で行い、事後関係者による「告別式的」(無宗教・故人らしい)なお別れ会や下部会をする人もいます。

◆一日葬

通夜弔問を省き、葬儀・告別式・火葬をその当日だけで行うお葬式手法ですが、一般的には24時間をすぎないと火葬はできませんので、どうしても「前日対応」が必要になってきます。

現代の会葬現況は圧倒的に夜に会葬する人が多く、いわば通夜の概念は喪失して告別式化しています。これは会葬者の業務時間に支障をきたしたくないと言う想いと、もう一つは親しかったからこそ駆けつけるという実利と心情が加算なっているものと思います。

ならば簡単なことです。夜に通夜兼お葬式を営み、翌日は身近なものだけで火葬場へ行くという進行にすれば解消します。一日葬を行いたいと思うならば、そのような施行が良いでしょう。考えてみれば本来「お葬式は夜の行事」でしたから。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔 ※無断転写を禁ず

当サイト提供元:葬想空間スペースアデュー(株式会社マルキメモリアル21)

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. お別れのスタイル

    葬儀と告別式② 葬法

    火葬や土葬など、ご遺体にかかわる手立てを「葬法」といいます。これらは葬…

  2. お別れのスタイル

    葬儀と告別式③ 告別式

    「葬儀」の手法は大きく二種類しかありません。仏式、キリスト教式、神…

  3. お別れのスタイル

    葬儀と告別式の違い ①葬儀

     「お葬式」という言葉について考えてみましょう。  「お葬式」…

  4. いろいろ

    お葬式費用の考え方

     お葬式の費用を考えるとき次の三つを合計したものを念頭に置く必要があり…

  5. お別れのスタイル

    ご遺体の安置場所は何処ですか??  

    ご遺体を自宅に搬送して安置することも少なくなりました。 多くは葬祭…

  6. お別れのスタイル

    病院での死と実務(霊安室)

    人は何処で死を迎えるか?  それは主に病院という、自宅ではないとこ…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬

アーカイブ

  1. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から
  2. いろいろ

    厄払いの人形(ひとかた)
  3. いろいろ

    余命宣告と遺書や手紙
  4. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教
  5. エンバーミング

    エンバーミング施設
PAGE TOP