いろいろ

鳥居⛩とまんじ卍

かつては大晦日にはお寺で除夜の鐘を突き、その足で今度は神社に詣でる日本の正月風景がありました。
さてこの神社とお寺のマーク(地図記号)を覚えていますか?

地図記号で、神社は(とりい)で、お寺は(まんじ)です。
けれどもお寺の参道入り口にも、鳥居は多く見かけられます。

まず鳥居の起源を探ってみると、各説いろいろありますが、伝説的には天照大神が天岩戸にこもられたとき、世界は暗闇になった話はよく知られるところで、その岩戸の前でいろいろな手立てを尽くし、
何とかそこから出てきてもらおう(再生)とするにぎやかな宴会があり、明け方まで振る舞いが続く中で、「常世の長鳴鶏(とこよのながなきどり・・ニワトリの古称) が鳴いて暁を告げたので、
岩戸を開けて出てこられた。
このような言い伝えから、その後、神を祭る施設の前には必ずニワトリの止り木をしつらえること、つまり字のごとく「鳥居」になったと云う話です。
けれども、インドの古代遺跡サンチーの仏塔の入口の門を「トラーナ」と云い、実にこれが鳥居そっくりの形です。(図1)
また、韓国の民俗資料館で見かけた鳥居の原型といわれるものはまさに止り木そのもので、神のお使いである鳥を留めるところとして、家々の庭先におく風習があったようです。(図2)
鳥居の大きな機能は「結界」であり、領域の境目を表すもので、これをくぐることから、「通り入る」を縮めて「とりい」となったなどとの諸説もあります。
次にお寺の卍(まんじ)ですが、この印はヒンドゥー教で瑞兆、あるいは吉祥など、「良い兆しを象徴」する印として用いられていたようです。それが広く認知されていたこともあり、

特にインドでは仏教寺院の象徴として多用されています。
仏教の伝来時に、その印としての卍も伝えられたと思われます。また、卍は太陽の輝きを象徴しいるということで、寺院の屋根瓦の軒丸などに寺紋として掲げられました。
最近の若者言葉でこの卍が多用されているのをご存じですか?驚きや感動を過度に表すようなとき、特にメールなどの記号言葉として使われています。
マジ卍・・本当に楽しい!・本当にきつい! 語尾に意味もなくつける・・やったね!卍

   

図1 サンチ―仏跡は紀元前のインド最古の仏塔          図2 ソウル郊外の韓国民俗村

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔 ※無断転写を禁ず

当サイト提供元:葬想空間スペースアデュー(株式会社マルキメモリアル21)

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    お葬式の三つの不安

     お葬式には大きく三つの不安があります。具体的に心配事を考えること…

  2. いろいろ

    司法解剖と行政解剖など

     遺体の解剖には、医師が遺族に求める病理解剖の他、変死などによる司法解…

  3. いろいろ

    花より団子 (葬儀の供物)

     春のお彼岸は、旧暦では2月22~24日になります。その後、3月になる…

  4. いろいろ

    葬祭という言葉

    「葬祭」という言葉は、葬式と先祖祭祀を併せ持った複合語の短縮したものと…

  5. いろいろ

    夜とぎと弔問

    ◆夜とぎ生死の境目は今でも不確かです。一般的に社会的な死の判定…

  6. いろいろ

    検死解剖

     タクシーの運転手さんがお亡くなりになりました。死因は心臓の持病が…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬

アーカイブ

  1. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教
  2. いろいろ

    花より団子 (葬儀の供物)
  3. いろいろ

    遺体の搬送(寝台車)
  4. お別れのスタイル

    葬儀と告別式の違い ①葬儀
  5. いろいろ

    お葬式費用の考え方
PAGE TOP