いろいろ

厄年の話 2021

「厄」を広辞苑で引いてみると?
1.くるしみ。わざわい。災難。
2.やくどしのこと
などとしてあります。
しかし、なぜそのような災いを「厄」と言うのでしょうか?
一説には、がんだれは崖の象形で、中のふしづくりは人のうずくまった形だそうです。
さて、来年2021年の厄年ですが、数え年で男性は25歳(平成9年生まれ丑年)、42歳(昭和55年生まれ申年)、61歳(昭和36年生まれ丑年)となります。
女性は19歳(平成15年生まれ未年)、33歳(昭和64年・平成元年生まれ巳年)、37歳(昭和60年生まれ丑年)、61歳(昭和36年生まれ丑年)で、前後の年を前厄、後厄と定めています。特に男性の42歳と女性の33歳は「大厄」として凶事への注意を促しています。
また、川崎大師のように「満年齢」で年を数えることもあり、その処方はいろいろです。
年齢的には男女共々社会的な節目、体調の変わり目となる歳です。大厄の年齢であるならば、迷信などと考えず、他の厄年の年齢以上に体調の変化や心の変化に気をつけましょう。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔 ※無断転写を禁ず

当サイト提供元:葬想空間スペースアデュー(株式会社マルキメモリアル21)

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    火葬炉の鍵

     母の逝去で、あらためてその土地の葬祭慣習に接しました。葬儀が終了…

  2. いろいろ

    通夜振る舞い

    通夜の弔問者に対して、葬家は慰労の席を設けます。お淨めの席とか、その宴…

  3. いろいろ

    お葬式の三つの不安

     お葬式には大きく三つの不安があります。具体的に心配事を考えること…

  4. いろいろ

    実務としての尊厳死表明

     余命宣告や延命治療についての自分の意思表明は、元気な時にこそまわりの…

  5. いろいろ

    ある火葬場の話

     横須賀線、逗子・小坪トンネルはミステリー・ゾーンで有名だそうです。…

  6. いろいろ

    供養の始まりは初詣から

     年明け、初めてのお参りを「初詣」といいます。これは神社に限らず、お寺…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬

アーカイブ

  1. いろいろ

    香典は通夜に出す?それとも葬儀に
  2. エンバーミング

    ご遺体の変化
  3. お別れのスタイル

    家族葬と一日葬
  4. いろいろ

    検死解剖
  5. いろいろ

    厄払いの人形(ひとかた)
PAGE TOP