いろいろ

厄年の話 2021

「厄」を広辞苑で引いてみると?
1.くるしみ。わざわい。災難。
2.やくどしのこと
などとしてあります。
しかし、なぜそのような災いを「厄」と言うのでしょうか?
一説には、がんだれは崖の象形で、中のふしづくりは人のうずくまった形だそうです。
さて、来年2021年の厄年ですが、数え年で男性は25歳(平成9年生まれ丑年)、42歳(昭和55年生まれ申年)、61歳(昭和36年生まれ丑年)となります。
女性は19歳(平成15年生まれ未年)、33歳(昭和64年・平成元年生まれ巳年)、37歳(昭和60年生まれ丑年)、61歳(昭和36年生まれ丑年)で、前後の年を前厄、後厄と定めています。特に男性の42歳と女性の33歳は「大厄」として凶事への注意を促しています。
また、川崎大師のように「満年齢」で年を数えることもあり、その処方はいろいろです。
年齢的には男女共々社会的な節目、体調の変わり目となる歳です。大厄の年齢であるならば、迷信などと考えず、他の厄年の年齢以上に体調の変化や心の変化に気をつけましょう。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔 ※無断転写を禁ず

当サイト提供元:葬想空間スペースアデュー(株式会社マルキメモリアル21)

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    お葬儀の喪主とはどんな役目??

     喪主は大変です。悲しみの中あわただしくも冷静に、いろいろな手順をこな…

  2. いろいろ

    葬祭という言葉

    「葬祭」という言葉は、葬式と先祖祭祀を併せ持った複合語の短縮したものと…

  3. いろいろ

    葬儀の前の生前整理のポイント

     高齢の親を抱えている人は、親が元気なうちに実家の片付けをしておく必要…

  4. いろいろ

    「死」を表す日本語の多様性

    誰もが、あまり口にしたくない言葉に「死」があります。 縁起でもない…

  5. いろいろ

    余命宣告と遺書や手紙

    もし余命宣告されたときあなたは「遺言」を書きますか?…

  6. いろいろ

    香典は通夜に出す?それとも葬儀に

    10年以上昔の話ですが、石川県金沢市で香典詐欺事件がありました。 …

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 香典と会葬返礼品
  2. 葬祭という言葉
  3. 夜とぎと弔問
  4. 葬祭という言葉
  5. 家族葬と一日葬

アーカイブ

  1. いろいろ

    ある火葬場の話
  2. いろいろ

    司法解剖と行政解剖など
  3. いろいろ

    鳥居⛩とまんじ卍
  4. いろいろ

    厄払いの人形(ひとかた)
  5. いろいろ

    花より団子 (葬儀の供物)
PAGE TOP