いろいろ

「死」を表す日本語の多様性

誰もが、あまり口にしたくない言葉に「死」があります。

 縁起でもない!として数字の4や42なども日常生活の中では禁忌の一つです。

けれども一方で、日本語ほど「死」にまつわる言葉使いを持った国はありません。

読者の皆さんはどのくらい思いつきますか。

「人が死んでしまう」ということについて、たとえば「目を閉じる」、あるいは「永眠」という言葉もあります。

なんとなく婉曲な言い回しです。

同じように、「息を引き取る」、「事切れる」、「人生を全うする」「天に召される」、「瞑目」、「永逝」などの言葉があります。

仏教では「引導を渡す」ことから始まって、「往生する」、そうして「涅槃に至る」、これも単独ではすべて「死」を表す言葉です。

この他には「寂滅」、「入定」、「帰寂」,かみくだいては「極楽に行く」、「成仏する」などといいます。

高貴な方が「ご逝去」されると「遷化」、「身罷る」、「お隠れになる」あるいは「崩御」などの言い回しがあります。

また乱暴な言い回しとしては、「一巻の終わり」、「おさらばする」、もう少し荒っぽく「くたばる」。

あまり使えませんが、モノが壊れたりする時に「オシャカになる」などと言いますが、お釈迦様に対して失礼な話です。

似通った言葉では「お陀仏」も同じようです。

キリスト教的には、「昇天」など独特な言葉もあります。

また儒教的には、「鬼籍に入る」。すなわち「鬼」は死者のことを意味しています。

おそらく私たちには、「言霊」(ことだま)という観念があって、「死」というものを直截的には口にしたくなかったのでしょう。

ほんとうに婉曲な表現が多種ありますね。

 学者によっては、この言葉だけで一冊の辞典が出来る程、日本語の死にまつわる表現は多いのだそうです。

葬儀の景色を眺めると、「お迎えが来た」、火葬場へ行けば「灰になる」。

そうして埋葬では「土に還る」ということも、やはり死を表しています。

また死を美化する表現もあります。

「花と散る」、「玉と砕ける」「空に帰す」などいろいろです。

さあまだまだ続けます。

「他界する」、「不帰の客となる」、習俗的には「旅立つ」、「あの世に行く」・・・みなさんはいくつくらい思い浮かびましたか。

日本語の表現の豊かさを感じてもらうと幸いです。

ちなみに若い学生に聴いてみたところ、さすが女の子らしく

「お星さまになる」と答えました。

さて、英語では?フランス語では、中国語では?・・

その国の「死」を意味する言葉を探ってみると、その民族の死生観がみえてきます。

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室 二村祐輔

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    孤独な死と社会の問題

     超高齢社会の特質は、単身化が著しく、単身世帯は未婚の子供との同居世帯…

  2. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から

     仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧1750年~1837年(寛…

  3. いろいろ

    実務としての尊厳死表明

     余命宣告や延命治療についての自分の意思表明は、元気な時にこそまわりの…

  4. いろいろ

    老いることと死ぬことの現実と仏教

    「老人六歌仙」から。 仙厓義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の禅僧(…

  5. いろいろ

    お墓の入り口

     田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いで…

  6. いろいろ

    花より団子 (葬儀の供物)

     春のお彼岸は、旧暦では2月22~24日になります。その後、3月になる…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングの効果
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    お葬儀の喪主とはどんな役目??
  2. お別れのスタイル

    葬式や法事
  3. 葬儀マナー

    葬式と作法 喪服の事など
  4. お別れのスタイル

    病院での死と実務(霊安室)
  5. いろいろ

    通夜振る舞い
PAGE TOP