いろいろ

遺体の搬送(寝台車)

 病院からご遺体を移送する車を寝台車といいます。

これらの車両は陸運局の許認可のもとに営業車として登録して運用されています。

ストレッチャー(折りたたみ搬送台車)にご遺体を乗せたままの状態で、車内に入れることができます。

たいていはワンボックス型やステーションワゴンのようなライトバン型が多く使用され、火葬場へ赴く「霊柩車」とは区別されています。

  大都市部では、寝台自動車会社として、搬送業務だけを専門で行ているところがありますが、地方では葬儀社が兼業してご遺体の搬送業務や霊柩業務を行っている場合が多くあります。つまり、病院搬送から葬儀社がかかわるということです。
 

   寝台車は病院から主に安置先までの利用から、また安置保管先から通夜、葬儀が行われる葬祭ホールまでを利用することも多々あります。

それぞれに料金がかかりますので、あらかじめ葬儀社にその目安を聴いておくとよいでしょう。
 

 寝台自動車会社の付加サービスとしては、ご遺体の保全に必要なドライアイスの提供や初期対応としての枕机なども準備したり、場合によっては棺を搬入して、「納棺」をする場合もあります。

24時間対応が基本ですが、夜間や早朝など通常の時間帯でない場合、また病院での待ち時間などに応じて料金が付加されることもあります。

また逆に、自社所有の寝台自動車を有している葬儀社では、あえて搬送料金をサービスの対象としているところもあり、葬儀社各社によってそれぞれ異なります。

寝台車料金が無料という場合、その葬儀社での通夜葬儀施行を前提としているので、注意が必要です。

 昔は、寝かせて運べるようなバン型の自家用車を持っている人が、ご遺体を布団にくるんで自宅に連れて帰ったケースもありますが、いまではさすがにそれは少なくなりました。

 遠方の病院や遠くの旅先で亡くなった場合、その搬送料金は多額になります。

十分その概算金額を確かめておく必要があります。

たとえば旅先の九州から自宅のある北海道までということになると、その間、1.2日をかけて陸送する場合では2名以上の運転手が必要であり、走行距離数も膨大になります。

このような場合、空輸という手もあります。

そうすれば、出発と到着の空港間の寝台車料金と空輸料金で、寝台車で通して移送するよりも安くて早い場合があります。

これも葬儀社に十分相談をして見積もりの金額を訊くとよいでしょう。

また海外への搬送などでは、エンバーミングとか納棺をして、適切な遺体処置をすることが前提です。

これらの処置無しでは運べない場合があります。

また旅先で荼毘に伏すケースもあります。

 

出稿:日本葬祭アカデミー教務研究室  二村 祐輔    ※無断転写禁ず

ピックアップ記事

  1. 供養の始まりは初詣から

関連記事

  1. いろいろ

    お墓の入り口

     田舎のお墓の入り口には、おおよそ六地蔵が並べられているところが多いで…

  2. いろいろ

    お葬儀の喪主とはどんな役目??

     喪主は大変です。悲しみの中あわただしくも冷静に、いろいろな手順をこな…

  3. いろいろ

    孤独な死と社会の問題

     超高齢社会の特質は、単身化が著しく、単身世帯は未婚の子供との同居世帯…

  4. いろいろ

    その人らしいお葬式とは

     お葬式が「葬儀」と「告別式」という二つの「異なる目的」のものから成立…

  5. いろいろ

    お葬式費用の考え方

     お葬式の費用を考えるとき次の三つを合計したものを念頭に置く必要があり…

  6. お別れのスタイル

    夜にお葬式 

     最近は地方へ行っても、お葬式の会葬者の割合が、通夜に来る人の方が翌日…

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ある火葬場の話
  2. エンバーミングとその期間
  3. エンバーミング施設
  4. 実務としての尊厳死表明
  5. 葬儀の前の生前整理のポイント

アーカイブ

  1. いろいろ

    葬儀の前の生前整理のポイント
  2. いろいろ

    通夜振る舞い
  3. いろいろ

    臨終の言葉  「老人六歌仙」から
  4. 宗派・宗教

    お布施や戒名など
  5. お別れのスタイル

    お葬式の場所
PAGE TOP