都内唯一の家族葬ホテル

資料請求フォームはこちらへどうぞ。

通夜・葬儀・告別式 この3つの違いは?

通夜・葬儀・告別式はお葬式によく使われる言葉ですがこの3つの違いは?

「通夜」とは

通夜(つや)とは、葬儀の前夜、近親者が故人の魂と共に一夜を過ごすことで邪霊の侵入を防ぎながら夜通しで別れを惜しむ儀式です。本来は、夜通し遺体に寄り添って故人の思い出などを語り合いながら2過ごす通夜が一般的でしたが、最近は、一晩中棺を守るのではなく,時間を限って行う半通夜を行う事が多くなっています。
近年は切り上げ時間を設定して、弔問客の退席する時間の短い通夜が多くなっており、これを半通夜と呼ぶ。

半通夜の場合でも、弔問客が帰ったあと、遺族や親族は式場傍に泊まり、かつては夜通し遺体に付き添い、線香や灯明を絶やさないようにしていました。最近は夜通しとは行かないまでも、深夜まで故人の傍で、近親者が「夜とぎ」をされる習慣は、今なお残っています。

「葬儀(そうぎ)」とは

人の死を弔うために行われる宗教儀礼で、葬送儀礼を略して葬儀という。
死者の魂に対する儀礼のほか、ご遺体に対しては火葬して遺骨にする手立てを行うこと。

「告別式」とは

1
葬儀が宗教儀礼であるのに対して、告別式は親族や生前関係のあった人たちが、故人と最期のお別れをする社会的な式典だと言えるでしょう。

また葬儀の別称として「葬式」と呼ぶことが多いですが、葬儀と告別式が同時に進行されていることで、葬儀と告別式の総称として「葬式」とする解釈もあります。

結婚式に例えるなら、「葬儀」は宮司や神父が司る儀礼の「婚礼」に当たり、「告別式」 はその後に行われる「披露宴」に例えるとわかりやすい。お葬式はその二つが同時進行で行われていることで混同されている場合が多い。

ご家族サポート。安心の事前登録

サイドメニュー

  • スペースアデューの特徴
  • 料金プラン
  • 式場選び
  • 葬儀の流れ
  • 故人様ケア(エンバーミング)
  • アクセス
  • 会社概要
  • すぐに役立つお葬式ガイド
  • お葬式Q&A

お客様の声

葬想空間ブログ

ご連絡は葬想う空間スペースアデュー。365日24時間いつでも受付。迅速に対応します!0120-46-5521。全て解決いたします。
資料請求フォームはこちらをクリック