都内唯一の家族葬ホテル

資料請求フォームはこちらへどうぞ。

お通夜のマナー

お悔やみの言葉

・この度は、誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。
・この度は、思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。
・心よりご冥福をお祈り申し上げます。
・○○様のご生前は大変お世話になりました。何のご恩返しもできないうちにお亡くなりになられ、誠に悔やまれてなりません。

弔辞を頼まれたら

弔辞は、故人と特に親しかった人を選んで依頼します。
もしも、弔辞を頼まれたなら、快く引き受けるのがマナーです。弔辞は、故人の死を悼み、冥福を祈るとともに、遺族の悲しみを慰めるためのものです。自分の字・言葉で心を込めて書き、美辞麗句を並べた形式的な文にならないよう注意しましょう。
また、弔辞は喪家に保存されますので、字体・文章をしっかりと書きましょう。

弔電を送る

人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報のことです。
故人の訃報を聞いた方で、葬儀式場に参列できない方が弔意を表す電報を打つわけです。
弔電とは、本来事情があって通夜や告別式に参列できないときに、喪主や親戚に対して弔意を表す電報を送ることです。ですから遅くても告別式に間に合うように手配するのがベストです。弔電を実際に送る前に、まずは必要な情報をまとめましょう。
必要な情報とは、弔電を届ける日時、場所、宛名などのことです。
宛名は喪主の名前にしましょう。そして故人の宗教、宗派の確認もしておく必要があります。なぜならば、宗教や宗派によっては使ってはいけない言葉があるからです。
故人がビジネス関係の知人の場合、弔電の差出人名の横に会社名、住所、部署などを
添えておくと故人との関係がわかりやすく、より親切だといえます。

お清め所のマナー

お清めの仕方

通夜や告別式から帰ってきたら、玄関を入る前にお清め(お浄め)をします。

お清めの仕方

火葬場に行かなかった人にひしゃくで水をかけてもらい、手を洗う(省略する場合も)
塩をひとつかみ、胸と肩のあたりにかけてもらう(足もとにかける場合も)

塩は、会葬礼状に付いている場合もあります。 ただし、死を穢(けが)れとは捕らえない考えにより、お清めは不要とする考えも強くありますので、お清めをされるか否かはご喪家の考えに基づいてご選択されることが良いでしょう。ちなみに、浄土真宗ではお清めは行いません。

香典について

香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして通夜や葬儀の際に持参します。もともとは香典には葬儀という突然の出費に対して親族や友人、知人、地域コミュニティーがお互いに助け合う意味もあると言います。このページでは通夜・葬儀の際の香典の書き方や相場、お金の入れ方や金額の書き方などのマナーについてご説明いたします。

・香典袋の表書き

仏式葬儀d0889211cf145fea2d5a0e25577bbac6_s
神式葬儀(神葬祭)
キリスト教式

仏式の場合     御霊前・御香典・御香料
神式の場合     御霊前・御玉串料・御神前
キリスト式の場合     御霊前・御花料・献花料
無宗教式の場合     御霊前

・表書きの書き方

[表書き]
・仏教の場合の熨斗の表書きは「御霊前」「御香料」などです。表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。
中でも最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは通夜・葬儀だけでなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。

[のし袋の選び方と水引き]
・黒白または双銀の水引き
・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。あわび結びとも言います)
・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。

[墨]
・薄墨を用います。薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。

[名前]
・会葬者の氏名をフルネームで書きます。
・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社として香典を出すことがあります。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。

香典袋のたたみ方

1.お札の向きを揃える

お札を入れる場合、顔のある方が表に来ないように裏向きにするという説があります
(※ 気にしなくても良いという考え方もあります。)
お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れるようにしてください。

2. 新札は用いない

新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。逆に、汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。

3. お金を中袋に入れたら、外包みで包む

中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。手順は下記のとおりです。
(1)外包みを開きます。内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。このとき、背面が表にでている状態にします。
(2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。最終的には上側が、被いかぶさっている形となります。水引きの中に元通りになるように入れて完成です。

香典の出し方

香典を持参する時、本来はふくさ(袱紗)に包んで持参するのが正式なマナーです。

袱紗 : 絹、縮緬などで一重または表裏二重に作り、無地や吉祥柄などの刺繍を施したもの。物を包んだり(包み袱紗)、進物の上に掛けたりする(掛け袱紗)方形の儀礼用絹布。(wikipedia)

118442

金額の目安

死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。
もし少額ずつにしたい場合は連名で香典を出すなどして、3千円、5千円、1万円、
2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。

合掌の仕方

合掌とは、いまさら言うまでもなく、両方の手のひらを胸あたりの前で合わせることをいいます。合掌はインドの礼法ですが、仏教徒が礼拝の方法として用いたことから仏教の作法となり、日本に伝わりました。
仏教では、右手は仏(ほとけ)の世界、左手は衆生(しゅじょう)の世界をあらわすといわれています。衆生とはすべての生き物をさしています。右手と左手を合わせて合掌することで、仏と衆生が一体になる意味があるのです。
合掌の仕方は、一般には、胸の前で左右の手のひらと指をピタリと合わせ、指先が斜め上を向いた形にします。その形にしたら、軽く目を閉じて、頭を30度くらいの角度で下げます。
葬儀や法事のときは、手に数珠をかけて何度も合掌をします。戸惑わないように、普段からおまいりの習慣を身につけておくとよいです。

数珠の扱い方

数珠は、葬儀や法事などの仏事に欠かせません。必ず、一人に一つは持つものです。
数珠の玉の数は、人間の煩悩(ぼんのう)をあらわす百八個が基本となっています。常に携帯して手を合わせれば、煩悩が消え、功徳(くどく)を得るといわれています。
正式な数珠は宗派によって、数珠の形が違っています。一般には各宗派共通で使える略式の数珠が使われています。略式の数珠は、18~43個くらいの珠で作られていて、数に決まりはありません。珠の素材に宗派による違いはないので、好きなものを選んでよいです。

数珠を持つときは、房が下になるようにして、左手で持ちます。長い数珠は二重にします。
合掌するときは、数珠を左手にかけて右手を添えるように合わせるか、合わせた両手に数珠をかけ親指で軽く押さえ合掌します。数珠を手から離すときには、バックやポケットなどに入れ、畳や椅子の上に置かないように気をつけます。

焼香の作法

お焼香とは、仏や死者に向けて香を焚いて拝むことを言います。
お葬式や法要などでよく見かけるもので、細かくした香を香炉に落として焚きます。
心と身体の穢れ(けがれ)を取り除いて清浄な心でお参りするための作法であり、
一般的に左手に数珠を掛けて右手でお焼香を行います。

線香焼香というものもありますが、これは日常のお参りに用いられるもので、
通常は「線香を上げる」と言われます。あまりお焼香というイメージはないようですね。

お焼香のやり方

基本的には右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ、額の高さまで上げ(「おしいただく」といいます。)、指をこすりながら香炉に落とします。これを1~3回行います。注)浄土真宗は額の高さまで上げません。焼香をつまみ、香炉に落します。

お焼香の3つのパターン

お焼香には立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3種類があります。
式場の規模や様式によってお焼香のやり方が異なります。

■立礼焼香

立礼焼香は椅子席の式場で多く利用されるものです。
① 焼香台の手前で止まり、遺族と僧侶に一礼します。
2 身を正して遺影に合掌、一礼します。
3 焼香台に進み、お焼香します。
4  再び合掌し、最後にもう一度遺族に一礼して戻ります。

■座礼焼香

座礼焼香は畳敷きの式場で多く用いられます。
この場合、基本的な順序は立礼焼香と同じになりますが、
まっすぐ立たず、移動の際は腰を落とし、お焼香の際は正座します。

回し焼香

回し焼香は会場が狭い場合などで用いられる方法です。
他のお焼香の場合とは違い、自分で行くのではなく焼香炉が回ってきます。
受け取った焼香炉を自分の前に置き、お焼香が終われば隣の人に回します。
椅子席の場合は自分の膝の上にのせましょう。

回数の違い

大抵の宗派の場合は1回あるいは3回お焼香をします。
つまみ、おしいただき、落とすという基本的な作法があるわけですが、これを行う回数は宗派によって違いがあります。相手の宗派に沿って行うというほうが丁寧ではありますが、自分の信仰している宗派があるなら、その宗派に沿ったやり方でも問題ありません。
回数はそれほど大事なものではなく、相手の宗派も自分の宗派もわからなかったりする場合には、1回で問題ありません。ただし、信仰している宗派があったとしても、時間調整などで回数が指定される場合があるので、そのときは従うようにしましょう。

ご家族サポート。安心の事前登録

サイドメニュー

  • スペースアデューの特徴
  • 料金プラン
  • 式場選び
  • 葬儀の流れ
  • 故人様ケア(エンバーミング)
  • アクセス
  • 会社概要
  • すぐに役立つお葬式ガイド
  • お葬式Q&A

お客様の声

葬想空間ブログ

ご連絡は葬想う空間スペースアデュー。365日24時間いつでも受付。迅速に対応します!0120-46-5521。全て解決いたします。
資料請求フォームはこちらをクリック